業種は室内装飾業!内装です

       フイルムアートはフィルム工事専門の会社です

2015年

3月

14日

エレベーターかご内の提案

北陸新幹線 金沢開業の本日、久しぶりのブログ投稿です。                写真など相当ストックができましたので紹介していきたいと思います。 まずは....!

フィルム施工前

パンチカーペットの養生材をはがすと、ご欄のように養生で覆われていたにもかかわらず経年での色焼けが確認されました。

ダイノックフィルム施工後

養生材は通常設置しないとの事でしたので、いたずらされにくい空間の演出を考えました。抽象柄とアクセントに木目柄というデザインは、皆さまがご覧になっていかがでしょうか。

参考にしてください。



0 コメント

2012年

11月

25日

エレベーター内装 かご内床面工事 Pタイル

2012年

11月

18日

エレベーター内装 かご内壁面改修工事

エレベーター内装、かご内壁面、ダイノック
施工前 エレベーター内装
エレベーター内装、かご内壁面、ダイノック
施工後 エレベーター内装

2012年

11月

11日

エレベーター内装 乗り場外枠扉面改修

エレベーター内装 乗り場枠面扉面
施工前 エレベーター内装 乗り場

 下地スチール面塗装でサビとキズがありました。下部の黒ずんだところは、床面清掃の際のワックスが飛んだあとの汚れです。下地の処理は塗装面のはがれているところを落としてパテとケレンで平滑に調整です。

エレベーター内装 乗り場枠面扉面
施工後 エレベーター内装 乗り場

 同系色という事で配色に変化はありませんが、フィルムの風合いが良く表現された仕上がりです。


2012年

11月

04日

エレベーター内装 かご内養生撤去 フィルム施工のメリット

エレベーター内装、かご内壁面、養生撤去
施工前 エレベーター内装 かご内

 1800mmの高さで床材の養生が設置してありました。撤去しますと、ご覧の通りです。なかなか手入れをできないのが現状でしょう。養生を洗うのも設置するのも大変です。

 養生は定期的に新しいものに交換、という方法もあるとは思いますが・・・。

 さて、作業としてはまず汚れ落としからです。

エレベーター内装、かご内壁面、養生撤去
施工後 エレベーター内装 かご内

 既存はフィルムで、剥がす事ができるところは剥がし、パテとケレンで下地を処理しました。カラーは同系色での貼り施工です。

 ダイノック屋だから思うのか、施工終了したきれいな壁面扉面に、養生を設置したくはないと。  いやいや、やはり養生は必要だ、と日々思い悩んでます。適材適所でしょうかね。

 ひとつ言えることは、エレベーターかご内のフィルム施工はバカ高くないという事。フィルム施工でのメリットはやはり衛生的で美観が良いことですね。

 できればかご内内装は消耗品の気持ちで!


2012年

10月

28日

浴室リフォーム 浴槽廻りの改修

浴室リフォーム、浴槽エプロン改修、シール工事
施工前 浴室リフォーム

ステンレス浴槽のエプロンの部分の印刷と、浴槽廻りのシールが劣化したため、今回の工事となりました。

浴室リフォーム、浴槽エプロン改修、シール工事
施工後 浴室リフォーム

浴槽エプロンにはダイノックPSシリーズ(抗菌仕様)を貼り施工し、浴槽廻りのシールは既存を除去後シール打ち替えました。


2012年

10月

21日

ダイノック工事 キッチン扉貼り施工

ダイノック工事、フィルムリフォーム、リフォーム工事、キッチンリフォーム
施工前 オフホワイトのポリ板

 これはポリ板の端部が反って剥がれていたり、変色したりした為、ダイノックでの施工となりました。(写真では見えにくいですね。)

 キッチンの扉や建具は施工前の状況が、表面はほぼフラットで扉と扉の隙間が充分であれば、フィルムの良さで蘇ります。フィルムを貼って扉が擦る状況は避けたいものです。

ダイノック工事、フィルムリフォーム、リフォーム工事、キッチンリフォーム
施工後 ダイノックFW(ファインウッド)

 ダイノックFWシリーズの中からウォールナットの柾目を選定され、本当にグレードアップした仕上がりとなりました。

 フィルムの工事は終了したものの本工事は途中のため、この写真を掲載しました。


2012年

10月

16日

エレベーター内装 かご内床面工事

2012年

10月

11日

エレベーター内装 かご内壁面 ダイノックAR仕様

ダイノック、、PA(シック)、エレベーター内装、かご内壁面、下地処理
施工前  ダイノックPA(シック)シリーズ

 経年により壁面はことごとくぶつけられ、傷ついたり、へこんだところは、パテとケレンで下地処理をしました。

 実はこの状態になる前は両面テープが縦横に貼られていました。その糊落としが半端じゃありません。このごろ思うところは、糊は手強いという事ですかね。

ダイノック、、PA(シック)、エレベーター内装、かご内壁面、下地処理
施工後  ダイノックARシリーズ

 このエレベーター壁面には、傷に強いというダイノックARを選定されました。

 このARシリーズは4色(別柄)あり、耐スクラッチ性と防汚性に優れたフィルムです。耐摩耗性は通常ダイノックフィルムの倍、鉛筆硬度は3倍ということです。

 ダイノックの機能製品はほかに、消臭フィルム、プロテクトフィルム、ホワイトボードフィルムなどがあります。積極的に紹介したい製品ですね。


2012年

10月

05日

クロス既存壁面フィルム内装工事

内装工事、ダイノック、壁面工事、下地処理
施工前 既存クロスはがしまで

 エレベーターホール前の既存壁面がボードにクロスのため、下地処理としてクロスを全てはがしたところの写真です。その後はパテ処理・ケレン・プライマー塗布の一連の作業です。

内装工事、ダイノック、壁面工事、
施工後 フィルム施工終了 

 この壁面にテナントさんの社名ロゴ等サインが設置されるとのことです。


2012年

9月

27日

浴室リフォーム、ネオックス、床面ネオフロアパネル工法

浴室リフォーム、ネオックス工法、床面工事、ネオフロア、パネル工法、壊さない工法
浴室リフォーム 施工前 ネオックス工法

床タイル面改修工事にパネル工法で

 住友3Mのネオフロアは直貼りOKですが、当社はどうしても直貼りでという以外はパネルに巻込んだ状態で設置しています。

浴室リフォーム、ネオックス工法、床面工事、ネオフロア、パネル工法、壊さない工法
浴室リフォーム 施工後 ネオックス工法

浴室リフォーム 床面ネオフロアパネル工法

 写真は扉をはずした状態です。壁面ネオタイル、天井ネオックスパネル工法、床面ネオフロアパネル工法、水洗金具の設置そしてシール工事までの一連の作業が終了したところです。

 床面は水が廻りやすくいろんな事で非常に難しい施工場所と言えます。水は非常に怖いです。

 ところで在来の浴室は壁面にネオタイル直貼りで作業しますが、ネオックスパネル工法ででも施工が出来ます。それは、アイカさんのセラールなど浴室仕様のパネルとは違い、パネルを設置してからお客様の選ばれたフィルムを貼るという塩梅で、不陸のある在来浴室には最適か、とも思っています。



2012年

9月

13日

ボード壁面フィルム内装工事

内装工事、ダイノック、壁面工事、下地処理
施工前 パテのケレンまで

ボード壁面の下地処理

 どうしてもクロスのパテより足が広くなりますよね。小窓から明かりが差し込む、なんて時は神経つかいます。

 下地は十分に処理したとしても、なにか問題が出たりするものです。下地には時間がかかる、という事をみなさん、わかってもらえるとうれしいですね。

内装工事、ダイノック、壁面工事
施工後 ダイノックフィルム施工

大壁のフィルム貼り施工

 フィルム面にパテ足などが見えないケレンで下地処理が終了し、フィルム貼り施工ができました。

 ボード壁面の大壁は下地処理から数えるとメーター数が伸びません。さらに冬場のパテ処理は乾くまでの時間がかかります。お含み置きください。


2012年

9月

06日

エレベーター内装 かご内壁面ダイノック貼り施工

エレベーター内装、かご内壁面、ダイノック施工
エレベーター内装 施工前

エレベーターかご内壁面改修工事 施工前

 かご内の壁面や扉にはキズはつきものです。特に下から30㎝はキズが多いですよね。キズどころか凹みも相当多いです。

 今回は既存フィルムの接着が非常によく、ポリパテとケレンでの下地調整で十分と判断しました。

エレベーター内装、かご内壁面、ダイノック施工
エレベーター内装 施工後

エレベーターかご内壁面改修工事 施工後

 うまく施工ができました。でも何年か経つと施工前と同じようにキズがつくんだろうな、と感慨深いものがあります。

 エレベーターの内装は改修工事ではなく消耗品と考えていただくと、いろんな問題が解決するような気がします。

 でも今回は施工した素材のカラーが施工前と似ていまして違いが分かりませんでした。

 


2012年

8月

30日

フィルムマーキング シャッターに文字を貼りました。

フィルムマーキング、切り文字、カッティング文字
フィルムマーキング

 実は文字もフィルムでカッティングし施工しています。

 フイルムアートという社名なもんで、会社設立当初より写真に使うフィルム以外は、フィルムを取り扱いましょうということで今日に至ってます。

 マーキングに使用するフィルムは短期装飾用のものと、屋外使用の耐候性の強いものの2つが大きく分けてあります。

 今回は屋外使用の中川ケミカル、タフカルをマーキングしました。

2012年

8月

23日

浴室リフォーム、壊さない工法のネオックス

浴室リフォーム、施工前、ネオタイル、ネオックス工法、壊さない工法
浴室リフォーム 施工前

 在来浴室のタイル壁面に住友スリーエム、ネオタイルを施工する事になりました。壁面を壊さないリフォームです。

浴室リフォーム、施工後、ネオタイル、ネオックス工法、壊さない工法
浴室リフォーム、施工後

 壁面はネオタイル工事、天井はバスリブが既存でしたがプレート設置後ネオックス貼り工事、エプロンと棚もプレート設置後フィルム工事、床面は既存タイルにプレート+ネオフロア工事、水洗金物照明等設置後シール工事を施工し2日間で終了しました。


2012年

8月

15日

エレベーターかご内養生設置

エレベーター養生、エレベーターかご内養生
エレベーターかご内養生設置

エレベーター養生 エレベーターかご内養生

 

 今回はうまく写りました。

 かご内壁面はパンチカーペットによる色焼けと汚れと窪み・へこみがありました。

 今回のフィルム工事は、正面中央のパネルのみ濃いカラーで、以外は薄いカラーの2色で施工。天井壁面扉面の改修工事が終了後、腰高(材料巾910mmの高さ)で養生を設置しました。

 910mmの高さでぐるりと設置するのは養生材にロスがなく気持ちがよいです。

2012年

8月

02日

ガラスフィルム工事

ガラスフィルム工事

ガラスフィルム工事  施工前

 

双方から見えすぎるので、 

 

ガラスフィルム工事

ガラスフィルム工事  施工後

 

曇りガラス調のフィルムを施工しました。

 


2012年

7月

24日

エレベーター内装 乗り場枠面の下端部のサビ

エレベーター、エレベーター内装、エレベーターリフォーム

エレベーター内装 施工後

経年による各防水部分の劣化によりサビが発生したものと思われます。

 

エレベーター、エレベーター内装、エレベーターリフォーム

エレベーター内装 施工中

表面のサビを除去後、ポリエステルパテで平滑に!

エレベーター、エレベーター内装、エレベーターリフォーム

エレベーター内装 施工後

ダイノックPAシリーズを貼り施工し、外壁面とのシール処理を残すのみで終了 。


2012年

7月

17日

エレベーター内装 乗り場の扉枠面

エレベーター、エレベーター内装,エレベーター内装工事、フイルムアート
エレベーター内装 乗り場

エレベーター内装 乗り場の扉面枠面

 

 写真を撮った時間が夜のわけではありません。カメラの使い方がヘタなのです。その言い訳を!

 ダイノックのLW(リトルウェーブ)シリーズを施工しました。素材に光沢があります。

 発光なしでシャッターを押すとLWの良さがでません。発光でシャッターを押すとご覧のような怪しげな写真になってしまいました。どちらかと言ったら怪しげな方がLWに近いと思われこちらを掲載する事になりました。

2012年

7月

13日

エレベーター内装 かご内壁面

エレベーター、エレベーター内装、エレベーター内装工事、フイルムアート
エレベーター内装 かご内

エレベーター内装 かご内壁面

 

 今回のエレベーター内装は、かご内側の扉面と奥の壁面を、ダイノックFWシリーズの濃いカラーの木目で、それ以外の壁面を同柄の薄いカラーの木目で配色した施工となりました。

 このデザインの選定は非常に高級感がでまして、オーナー様の感性に拍手です。

 施工前は壁面のモールと枠の金物までフィルムを貼り込んであり、その部分のキズが特に目立ちました。

 常に思うことですが、エレベーター壁面や扉面はどうしてもキズが付きます。かご内の工事を消耗品として考えていただけることが切なる願いです。

2012年

7月

11日

浴室リフォーム、浴室壁を壊さない工法で浴室リフォーム 施工後

浴室リフォーム、ネオックス、ネオタイル、フイルムアート
浴室リフォーム 施工後

浴室リフォーム

 

 ネオタイルの浴室リフォームの工事終了です。

 既存のシール材のはつりから水洗金具の脱着、照明・換気扇・リモコンの脱着、手すりの脱着、タイル面の下地処理、フィルム貼施工、シール工事まで2日間の工程で終わりました。

 フイルムを貼るだけじゃないもんで大変です。

 

 

2012年

7月

09日

浴室リフォーム、浴室壁を壊さない工法で浴室リフォーム 施工前

浴室リフォーム、ネオックス、ネオタイル、フイルムアート
浴室リフォーム 施工前

浴室リフォーム

 

 ネオタイル施工前の在来工法浴室です。

 震災のおりタイル面数か所にヒビが入り水がまわるとの事から、ネオックスのネオタイルを施工することになりました。

 水がまわる件に関しては、外壁等防水工事に任せて、浴室のタイル面を通常のタイル工事ではなく、タイルに追従するネオタイルの施工で今回はベストということで浴室リフォームの施工が始まりました。

 2日後に施工後の写真を掲載します。

2012年

7月

06日

エレベーターの内装工事、かご内と乗り場

エレベーター、エレベーター内装、エレベーター内装工事、フイルムアート
エレベーター内装 施工後

エレベーター・エレベーター内装

 

 アクセント・ポイントがはっきりしてパンチのきいた配色でした。木目の柱廻りはクロスです。適材適所ですばらしいデザインのある出来上りです。

 当社の担当はエレベーターかご内なのですが、よく見えないので後日、かご内の施工前と施工後の写真を当HPに掲載いたします。

2012年

7月

04日

ダイノックフィルムで内装工事

フイルムアート、ダイノック、内装工事
ダイノック 内装工事

ダイノック 内装工事

 

サッシ枠・柱廻りをダイノックFWシリーズで貼りこんでいます。

枠を貼る場合はその面積が少ないにもかかわらず手間がかかります。

仕上りはバッチリです。

 

2012年

6月

20日

エレベーターのかご内養生設置

エレベーター、エレベーター内装、エレベーター養生、エレベーター内装工事、フイルムアート
エレベーター かご内養生

エレベーター養生 エレベーターかご内養生

 

 エレベーターかご内に養生を設置しましたが、波模様みたいな透明素材のため写真では分かりませんよね?

 当HPのエレベーター内装工事の「養生新提案」をご覧になってみてください。

 少しは当社の養生が写って見えるかな、と思います。 メンテナンスがしやすく好評です。

 

いつのまにかこの道に引き込まれて20数年。

仕上げに使用される装飾フィルムに何かを感じています。

塗装には塗装のよさがあり、左官には左官のよさがあります。

クロスにもクロスのよさがあり、当然我が装飾フィルムにもあるのです。

 

適材適所でどうか装飾フィルムをご贔屓にお願いいたします。

株式会社フイルムアート

 

取扱い製品

◆内装用装飾フィルム

  ・ダイノック

  ・ネオックス

  ・ベルビアン

  ・パロア

  ・リアテック

  ・玄関扉リフォームシート

  

◆ガラス窓用機能フィルム

  ・スコッチティント

  ・ファサラ

  ・フォグラス

  ・ソーラプロテクト

  ・ルミクール

  ・サンゲツ ガラスフィルム

  ・リリカラ ガラスフィルム

 

お問い合わせ

TEL:080-3597-5365

 

メールでのお問合せは

filmart@sweet.ocn.ne.jp

 

当社HPは

www.filmart.jp

nttbj.itp.ne.jp/0338455365

 

 

 

お見積り無料!

お気軽にご連絡ください